草柳自動車ロゴ
今回は自動車ではなく、自転車の安全について、考えてみました

今回は自動車はなく、自転車の安全について、考えてみました

安全運転の常識
「車道の左側」を走るのが原則
専用の自転車道がある場合はそこを走ります。
ただし、「普通自転車の歩道通行可」の道路標識などで指定された歩道は走れます。
歩道を走ってもいいのは☆13歳未満、70歳以上、体の不自由な人。
道路工事、駐車の車など、車道の端を走れない場合、車道が狭く危ない場合。
歩道を走る時も安全に
歩道を走る時の走り方
歩道の車道寄りを走る。
すぐに停止できる速度で徐行、歩行者の通行を妨げるときは一時停止する。

買い物や通勤・通学の足としておなじみの自転車の、交通ルール、ご存じですか?

子どもにはヘルメットを!
大人と幼児が同乗するだけでなく、13歳未満の子どもが自転車を運転するときにもヘルメットをかぶせる様、努めることになりました。
(罰則はありませんが)
ヘルメットの選び方と注意
☆実際の子どもの頭にかぶせてサイズの合う物を選ぶ
☆安全基準に適合し、もしもの時賠償される「SGマーク」付の物を
☆一度でも大きな衝撃を受けたヘルメットは使用しないでください。
閉じる