草柳自動車ロゴ
飲酒運転は「危険」!


今回は
飲酒運転は「危険だ」
です
飲酒運転で引き起こされる事故は?
21年中に起こった飲酒有無の死亡率は
飲酒の場合:5.10%、飲酒なし:0.59%
飲酒運転は発生すると死亡者を出す大事故につながる危険性が高い事が分かります。
これから運転する人にお酒を勧め、その人が運転して事故を起こした場合、お酒を勧めた人に、課せられる罰則は?
3年以下の懲役、または50万円以下の罰金!
法令では、お酒の量にかかわらず、お酒を飲んで運転することを禁止しています。
行政処分の対象になるもの
酒気帯び運転とは?
呼気中アルコール濃度が0.15mg/l以上である
お酒は体中を駆け巡り、脳を麻痺させます

お酒には麻酔作用があり、体中を駆け巡った後に、脳を徐々に麻痺させます。
お酒に強い・弱いにかかわらず、お酒が増えるとアルコール濃度が高く、脳が正常に働かず「酔う」状態になります。
視聴覚機能が低下し、注意力や判断が鈍り、運転中の場合は危険を察知してからブレーキなどの操作に遅れが出ます。
酒酔い運転とは?
お酒の量に関係なく、飲酒した影響でまっすぐ歩けないなど、車を正常に運転できない状態
お酒に強い事と、酔わない事は違います。

お酒に強い・・・胃から肝臓に運ばれたアルコールから変化したアセトアルデヒトを分解し、ALDHと呼ばれる酵素が働き動悸・吐き気を起こすような体調への影響が小さい事を言う。
お酒に酔う・・・胃に吸収されたアルコールが血液に溶け込み、脳に運ばれ麻痺を起こすこと。
じつは みんな同じ様に 酔っているのです!
お酒を飲むと誰でも注意力や判断力が鈍る!


・・運転するならお酒は飲まない・・
運転する人にはお酒を飲ませない・・
閉じる